始めに
このサイトは私個人の経験と実績からいろいろな修理方法、知識を紹介するサイトです。あくまで私個人の考えですのでもしここは間違っている、私はこう思う等あれば連絡をいただきたいと思います。私自身も常に前進、成長していきたいと思っていますので確認して変更しなければならないと ころなどは、訂正していき、より良いサイトにしていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。ここのサイトを利用していただいて少しでも役に立っていただければうれしく思います。  
修理をする場合最低限用意するもの。テスター・軍手・工具、必ず修理する前にはエンジンオイル、冷却水は基準値にあるかを点検しておきます。
初級編---ほとんど修理をしたことがない。仕組みがわからない人は。
中級編---だいたいの部品の役割や仕組みがわかる人は。
上級編---元整備士の人や、修理経験のある人は。

初級編
初級編はほとんど修理をしたことがない人が修理をする場合にみてくだ さい。用語や仕組みを詳しく解説しているつもりですが、初級編の人がで きることは、バッテリの点検、修理、ヒューズぐらいまでだと思います。 もしバッテリ以外の可能性がある場合は、整備工場にみてもらったほうが いい時があります。

中級編
中級編はだいたいの部品のことなどの知識のある人は参考にしてもらいたいと思います。バッテリーのことは初級編でしかかいていませんが、そちらのほうも参考にしていただきたいと思います。

2006年08月17日

自動車燃料(ガソリン)節約方法その5

自動車燃料(ガソリン)節約方法その5では、運転の仕方を解説していきたいと思います。
ほとんどの人ができるだけ燃費を良くしようとしてアクセル操作をしていると思います。急発進、急ブレーキ、急ハンドルをしないことは誰もがわかっている事だと思うので説明しません。
信号待ちでエンジンを切る。暑い夏の日はたまりませんねー。
アイドリングをしない。休憩中なんかは暑い場合、休憩しているのかわかりませんねー。
とりあえずその運転の仕方を細かく説明すると、道路を距離ではなく渋滞しにくい、スピードの出しやすい道を選ぶほうが燃費が良くなります。
一番理想なのは高速道路のような平坦な道、信号のない道、スピードが出せる道です。
平坦な道だとそれだけアクセルを踏む量は少なくなります。登り坂ではどうしてもアクセルを踏まないといけません。
信号のない道では、信号で捕まってしまう時間の間分だけ走ることができます。
スピードが出せる道ではスピードが乗るまではアクセルを消費しますが、スピードが出ている場合はほとんどアクセルを踏んでいないので、少しのアクセル操作でスピードが出ています。
それでもなかなかそのような道は少ないですね。
毎日決まった時間に乗る事が多い場合は難しいですが、時間帯や天候なども気にしながら走ることも考えられます。
渋滞の多い場合、天候が悪い場合、土日、連休などの場合は渋滞が多いです。お盆の間や年末年始の時期に燃費を良くする方法はなかなか難しいです。
運転中にはできるだけ遠くの信号を見るようにしましょう。
2つ先の信号が赤に変わったらすぐ近くの信号が赤にかわるかもしれない。
その時からアクセルを離し、だりょくで走行すれば必要のないアクセル操作ができます。
エアコンの操作にECOがある場合、ECOを有効に活用するようにしたほうがいいでしょう。ECOはエコノミーなので、節約するとゆう意味です。もちろんACをOFFにしたほうが燃費は良くなります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

高速料金を節約するには
Excerpt: 自動車に乗るならクルマに関するお得が欲しいですよね!
Weblog: 車検費用攻略、車検費用を安くしよう
Tracked: 2006-08-21 15:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。